正解のない時代を生き抜くためのリーダーシップ

前回の記事では、メンバー自らが挑戦と挫折を通じて成長を続ける“自律型”組織のつくり方について、理論と実践の両面から解説した。本記事では、そのような自律的な成長を続ける組織を作り出すために必要となるリーダーシップのあり方について、「最終的には指導者が不要になる状態こそ、自律の理想像である」と説く原氏に、その真意を伺った。

Profile

原 晋 氏

青山学院大学 地球社会共生学部 教授
陸上競技部長距離ブロック監督

1967年、広島県三原市出身。中京大学卒業後、陸上競技部第1期生として中国電力に進むも、故障に悩み、5年目で競技生活から引退。95年、同社でサラリーマンとして再スタートし、ビジネスマンとしての能力を開花。陸上と無縁の生活を送っていたが、2004年に青山学院大学陸上競技部の監督に就任。09年に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たす。15年、青学史上初となる箱根駅伝総合優勝。18年、箱根駅伝4連覇。19年の箱根駅伝は、惜しくも総合2位(復路優勝)。20年、大会新記録で箱根駅伝5度目の総合優勝を果たし、再び頂点に返り咲く。21年の箱根駅伝では、往路12位から巻き返し、復路優勝(総合4位)。22年の箱根駅伝では、2年前の大会新記録を更新し、6度目の総合優勝を果たす。

『「挫折」というチカラ 人は折れたら折れただけ強くなる』(マガジンハウス)

青学はなぜ何度も駅伝王者に返り咲くのか?勝負強さは「挫折」から作られる。強靱なメンタルを育てる逆境力。

リーダーの本質的役割

組織の自律的な成長を実現する上で必要なリーダーシップはなにか。原氏は、リーダーが始めに果たすべき役割とは組織全体が惹きつけられる明確な目標を設定し、「自分たちならできる」という組織的な効力感を作ることだと断言する。

「言うまでもなく、船に乗ろうとする人が、どっちに行くか分からない船に乗りたくなるはずがない。まずはその船が掲げる行き先に自分も行ってみたいと思わせるような目標を設定すること。そして、時にはそのゴールに向かって停滞することもあるかもしれませんが、最終ゴールに近づいているという光を見せ、自分たちならできると思い続けてもらうことが、リーダーがまず始めに果たすべき本質的な役割です」(原氏)

リーダーに求められる変化

明確で魅力的な旗・ゴールを掲げ、そのゴールに向かって組織全体を方向づけることは、いつの時代でも変わらないリーダーの役割だ。一方、ゴールに向かうプロセスの中で、外部環境と内部環境の変化に伴って自身を柔軟に変化させることも不可欠と同氏はいう。

「先程の船の例えで言えば、一度海に出たら思っていた海流と違ったり思わぬ障害物があったりと、想定外のことがたくさん起こるわけで、これからの時代は今まで評価されてきたような『ただのいい人』じゃダメなんです。外部環境の変化が小さかった時代は、決められたレールの上で組織を安定的に成長させる『ただのいい人』でもリーダーとして成り立っていたが、もう通用しない。
これほど変化が早く大量の情報がすぐに出回る時代では、優秀さの定義を『人から言われたことをちゃんとやる』という軸ではなく、『前提を疑って自ら考えて行動し、挫折から経験に変換できる』という軸に変え、組織に浸透させなくてはなりません」(原氏)

また、そのような自律性の浸透によって内部環境が充実していく過程を見極め、状況に合わせた適切なリーダーシップを発揮することの重要性も説く。

「船を一生懸命漕がない人ばかりのときは発破をかける必要があるし、ある程度全員の足並みが揃ってきたらその動きを加速させるためのインセンティブをお金に限らず与えていく必要がある。ただただ現場で指導するばかりのリーダーから、新しいリソースを引っ張ってくるリーダーにもならなくてはいけない。
このように内部の状況によっても仕事の質や内容が大きく変わってくるわけで、状況に合わせた対策を考え、さらには実行に移していくことが求められます」(原氏)

指導者が不要な姿こそ、「自律」の理想像

リーダーが明確な目標を立て、外部と内部の環境変化に応じて自身を変革していくことで、自ずと組織も成長する。そのような成長の先にある組織が目指すべき終着点は、どのような状態なのだろうか。原氏は、指導者が不要な姿こそ、「自律」の理想像だと説く。

「自分の方針でチームを運営すれば必ず勝てると宣言する、つまり結果に対する責任を負うことが監督の役目で、その意味で指導者が不要になるということはありません。指導者が不要な状態が理想としている意図は、日々の活動において勝った負けたで一喜一憂するのではなく、なぜ勝ったのか・なぜ負けたのかという理屈を全員が大切にし、検証しながら前に進んでいくことで、指導者の力なしにプロセスを進化し続けられることを言うのです」

そのようなプロセスの進化が自律的に回り出しリーダーが不要になった時にこそ、逆説的ではあるが後継者となるリーダーを育てていくタイミングとも言える。

「組織が自律した後のリーダーの役割は更に変化し、最後には後継者となるリーダーを育てることでしょうね。人間の生命は有限なわけですから。ただその際、プロセスに自律的な進化があっても組織における心の核というか、変わらぬ理念を浸透させることも忘れてはなりません。私の場合、箱根駅伝自体への思い入れ、つまりは箱根駅伝を通じて社会に役立つ人材を育てるという組織の絶対的な理念は変わらないわけですから、それを組織全体に引き継がれるようにしていくわけです」(原氏)

 

原氏のリーダーシップ論に終始一貫していたのは、リーダーには果たし続けるべき本質的な役割と、外的・内的環境の変化によって変えるべき流動的な役割があるということだ。組織を率いる人間にとっては、右目で本質を見定めながら左目で変化を追い続けることが大きなテーマとなるだろう。

これまで、3回の連載に渡って「挫折」を中心に据え、個人と組織、そしてリーダーシップのあり方について原氏が徹底解説した。次回は、昨今注目が進む人的資本経営の文脈と合わせて、「挫折」を生むための環境づくりについて、原氏とUnipos代表 田中との対談をお届けする。

この連載の記事一覧